放課後等デイサービス インフルエンザ

パソコンあいだっく川崎です。

今年は暖冬のようで雪がまだですね。雨も少なく空気が乾燥しているようでインフルエンザが流行しています。

室内の空気の入れ替えや、アルコール消毒、手洗い、うがいを行うようにしています。

子どもたちも自分の体を守るようにしっかりマスクをしてくれています。

感染症について

感染症については、原則、学校保健法を準用し、医師から「感染症の疑いあり」と診断された場合は、病気が治るまで利用は控えていただきます。

利用希望の際に感染症のおそれがある場合は、必ず事業所へご連絡ください。

(必要に応じて、完治を証明する医師の診断書をご用意いただく場合があります。)

また、利用児童が所属する学級、学年、学校などが閉鎖されたり、本人がノロウィルス等の症状が出た場合も原則ご利用を控えていただきます。

【学校保健法施行令第5条による主な伝染性疾患】

インフルエンザ:発熱後5日間経過し、かつ解熱してから2日を経過するまで。百日咳:特有の咳が消えるまで、または、5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。

その他では、はしか、流行性耳下線炎(おたふく)、風疹(三日はしか)水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜炎(プール熱)、伝染性膿痂疹(とびひ)、結膜炎

など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です