固有感覚ってなに?(アトリエあいだっく中野新橋)

今回は、セラピストが大事にしている感覚の紹介をします!

 

大事にしている感覚の一つ固有感覚(こゆうかんかく)

固有感覚とは、関節や筋肉、腱の動きを感じる身体の位置や動き、力に関する感覚であり、身体の動きの情報を伝えてくれるものです。この感覚をうまく感じ取れることで、自分がどういう動きをすればいいのか判断できます。

 

例えば、ダンベルを持つときはぎゅっと力を入れる。しかし、豆腐を持つときは優しくそっと力を入れる。積み木を高く積むとき、ゆっくりと腕を動かしそっと上に乗せる。

 

固有感覚につまずきがあると、

○力の調節が苦手

・友達を呼ぶとき肩を叩くとき→強くバンバン叩いてしまう

・おもちゃを片付けるときや置くとき→勢いよく乱雑になってしまう

○身体・手の使い方が苦手

・ダンスや体操→自分の身体の位置や動きスピードを捉えることが難しくなる

・スキップ・ケンケンッパ→手と足を協調して動かすことが苦手

・箸→持ち方がぎこちない、取りこぼしが多い

・ボタン→うまくはめることが苦手

・シール→狙った場所に貼るのが苦手

などにつながりやすいことがあります…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です